本文へスキップ

オフロード闘記.comは、全国のオフローダーにオフロード情報を発進していきます。

chedule



バイクを購入したら、自分だけのバイクにカスタマイズしましょう。
いろんなカスタマイズのしかたはありますが、
カスタマイズする時に意識するのは、

カスタマイズすることによって
バイクがダメージを受けにくくなる。
身体へのダメージも減らしてくれる。
バイクのパワーがあがる。
オフロードが走り易くなる。

そして・・・
カッコよくなる。

などです。

これを意識してカスタマイズしていくと、
きっと満足する自分のバイクが完成します。

アンダーガード

オフロードを走る上でぜひとも欲しいパーツです。岩などからクランクケースを守ってくれます。いろんなメーカーから出ています。
アンダーガード
 詳細は⇒こちら 

サイレンサー

純正のサイレンサーに比べ、抜けが良くなり、パワーアップを体感できるカスタマイズです。音量に注意が必要です。
サイレンサー
詳細は⇒こちら 

エキパイ

サイレンサー交換と同時に交換したいパーツです。サイレンサーとの相性もあるので、同じメーカーのものがいいでしょう。。
エキパイ
詳細は⇒こちら

ハンドガード

転倒時にブレーキやクラッチレバーの破損を防ぐとともに、飛び石などから手を守ってくれます。また、ブッシュの中を走るときに重宝します。
ハンドガード
詳細は⇒こちら

タイヤ

タイヤも様々なタイプのものがあります。自分のスタイルに合ったタイヤを選びましょう。オフ重視なら、AC10やVEシリーズがいいでしょう。
オフロードタイヤ
詳細は⇒こちら

ステッカーチューン

最も簡単なドレスアップです。よりレーシーな雰囲気を出すには、ステッカーチューンをお勧めします。見た目もカッコイイです。
 デカール
 詳細は⇒こちら

簡単ドレスアップ

無い物は自分でつくります。私の簡単ドレスアップを紹介します。ちょっとさわるだけで、バイクの雰囲気がくぁります。
 ドレスアップ
 詳細は⇒こちら

オイルシールプロテクター

倒立フォークの宿命ですが、倒立フォークにはフォークブーツがありません。そこでお勧めが手作りオイルシールプロテクターです。
オイルシールプロテクター
 詳細は⇒こちら 

ハンドルバー交換

純正ハンドルでもいいのですが、ドレスアップするにはハンドルを変えることをオススメします。ハンドルの剛性も上がり、カッコよくなります。
 詳細は⇒こちら

フロントフォークカーボン調

フロントフォークをカーボン調にしましょう。
プロテクション効果もあがり、見た目もレーシーになります。
 詳細は⇒こちら

フレームガード

ブーツで擦れてフレームの塗装が剥がれるのを防いでくれます。
そしてブーツにフレームの塗装が着くのも防いでくれる優れものです。
詳細は⇒こちら

チャンバーガード

2stバイクには、大きく出っぱたチャンバーがあります。
このチャンバーを飛び石や転倒による凹みを防いでくれます。
 詳細は⇒こちら 

カメラマウント

迫力のある動画を撮るために、ハンドルにカメラマウントを取り付けます。
詳細は⇒こちら

CRMフェンダーレス化

フェンダーレス化を行って、よりレーシーな雰囲気にします。
詳細は⇒こちら

CRFフェンダーレス化

フェンダーレス化を行って、すっきりしたテールにします。
詳細は⇒こちら

ドリブンスプロケット交換

ドリブンスプロケットのT数を増やすことで、よりパワフルに!
詳細は⇒こちら

シフトペダル交換

軽量化と転倒時に備えて、アルミ製可倒式シフトペダルに交換します。
詳細は⇒こちら

ディスクガード

フロントディスクを飛び石などから守ります。
詳細は⇒こちら

ステップ交換

純正のステップよりも幅が広く、ホールド性にいいステップに交換します。
詳細は⇒こちら

エンジンプラグ交換

傷だらけになったエンジンプラグを交換します。
詳細は⇒こちら

ドライブスプロケット交換

ドライブスプロケットのT数を減らし、よりパワフルに!
詳細は⇒こちら

スーパーカブ110ステップ交換

スーパーカブ110のステップをクロスカブのステップに交換します。
詳細は⇒こちら

USB電源ソケット取り付け

スマホやナビの電源用に、USB電源ソケットを取り付けます。
詳細は⇒こちら

ドライブスプロケット交換(トリッカー)

13Tのスプロケットを取り付け、よりパワフルな走りを期待します。
詳細は⇒こちら

トリッカーリアサス交換

トリッカーのリアサスをセロー250用のものに交換します。
詳細は⇒こちら

お願い
カスタマイズをする時は、自己の責任において行って下さい。また、違法改造は絶対にやめて下さい。
バイクのパーツはほとんどが金属でできています。くれぐれも怪我をしないように注意して下さい。
注意事項
カスタマイズをした際に発生した廃材などを山などに不法投棄してはいけません。
責任を持て処理して下さい。